光老化を防げ!対策化粧品の選び方

光老化。人の顔のシワやたるみは、年齢よりも紫外線のほうが影響が大きい。それが光老化の恐ろしさです。

同じ年齢で生活水準も様式もほとんど変わらない。なのに一方はシワやたるみ、シミが目立つ…もう一方は年齢不相応な若い肌…

この加齢で説明できない若さは、ただの紫外線対策だけの光老化対処法では実現できません!

  1. 何もしていない
  2. 紫外線対策バッチリ
  3. 紫外線対策バッチリ+ラメラ構造維持

この順番で光老化の影響が少なくなっていきます。

年齢の割にやたら若い人は、紫外線を不必要に浴びていないだけでなく、肌のラメラ構造が綺麗な人。このことにいち早く気づいた人ほど、老ける速度を大幅に減らして若々しくいられるというわけです。

光老化対策ができるスキンケア化粧品の内容はこちら

光老化の怖いお話

ラメラ構造のお話の前に、光老化について簡単にお勉強しておきましょう。

紫外線には大きく分けて、肌の中間まで届くもの(UVB・SPFの対象)、もっと奥まで届くもの(UVA・PAの対象)に分かれます。

特にこのUVAがコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸で作られる、肌のハリ部分構造を壊して変性させてしまいます。

また、活性酸素という肌細胞の毒が発生。これが細胞のDNAを傷つけて、肌の修復を阻害。二度と元通りの綺麗な肌に戻らなくなる部分が増えてきます。

誰でも歳をとるとシワやたるみが出来ますが、光老化の場合、年齢以上に肌を老化させてしまい、ゴワゴワした肌にしてしまいます。田舎の農家の人は体が元気でも、肌に深いシワとたるみがあるのはこのためです。

都会であっても、ガラスや雲を突き抜けてUVAは肌に到達します。そしてそのわずかな紫外線UVAが蓄積されて、年齢以上の肌老化を招きます。

その差を生み出すのがラメラ構造。ラメラ構造がしっかりしていれば、この光老化の影響を軽減させることができ、年齢相応、もしくはそれより若い肌を維持できるわけです。

光老化知らずの肌はラメラ構造が綺麗な肌だった

ラメラ構造って何?と思うでしょう。

簡単に言うと、肌の中のキメみたいなものです。肌が潤っていて若い状態ほど、このラメラ構造が綺麗な状態になっています。ちょうどレンガを綺麗に積み重ねたみたいと表現されます。

角質細胞がレンガ、隙間を埋めているのがセラミドなどの細胞間脂質です。これらによって作られる、肌の一番表面の角質層というわけ。

このラメラ構造がきれいなほど、実は紫外線を跳ね返す力が増えるんです。そう。実は人の肌は元々紫外線を跳ね返す力がいくらかあるんです。

このラメラ構造の差が、いくら日焼け止めを塗っていても埋めきれない差になるのです。

紫外線対策バッチリでもラメラ構造がダメだと意味が無い

しかし、そんなラメラ構造ですが、そこまで光老化を防ぐのに役立ちそうなイメージはないでしょう。

でも、紫外線を浴びるとこのラメラ構造がゆるんで、セラミドが不足して肌は乾燥します。この状態になるといつも以上に紫外線はコラーゲン等を破壊してシワ・たるみを作ります。

ラメラ構造を維持できない人は、次々に紫外線の影響をまともに受けるようになります。でも、ラメラ構造を維持できる人は、紫外線の影響を必要以上に受けなくて済みます。

これを1年、2年、3年と繰り返していきましょう。その蓄積された紫外線量の差はかなりのものになります。

日焼け止めは効果が数時間しか続かず、日傘をさしていても地面からの照り返しでどうやっても顔は紫外線を浴びます。

「なんであの子は同じ年齢なのに肌が綺麗なの…」

この差は紫外線対策では対応しきれないUVA照射を、自らの肌で軽減するラメラ構造の差というわけです。

光老化の最終防御!ラメラ構造はセラミドで作られる

ではこのラメラ構造を綺麗に維持するにはどうすればいいのか?

もちろん、余計な紫外線は浴びないようにするのは必須です。紫外線を浴びるとセラミドが不足してラメラ構造は緩んでしまいます。

しかし、先述のようにどうやっても紫外線はいくらか肌に当たります。その際にセラミドが不足して肌が乾燥(セラミドは肌の保水力の中心)してラメラ構造が崩壊。

これを防ぐには、常日頃からセラミド維持をこころがけることも重要です。

セラミドは化粧品で補うことができるため、特に乾燥が気になる人はセラミドでケアしてあげるのがいいでしょう。乾燥している=光老化しやすいということですから。

セラミドが潤沢に肌にあれば、肌は十分保湿され、ターンオーバーも正常に行われて肌が新鮮な状態で維持されます。これが綺麗なラメラ構造を維持する秘訣。肌を水分で満たして、肌が生まれ変わるのを促進させてあげる。

結局、美肌を保とうとすることが光老化を防ぐ重要なケア方法になるということですね。

強力な日焼け止めもセラミドで安全に使えるようになる

ラメラ構造を維持するためにセラミドを補うのは、何も素肌の紫外線バリアのためだけではありません。

光老化が怖い場合、どうしても日焼け止めに頼る必要がありますよね。

しかし、紫外線カット力が高い日焼け止めほど、肌への影響が強い紫外線吸収剤が使われています。これは紫外線はカットできるものの、その反面で肌を痛める。つまりラメラ構造を壊すデメリットもあります。

かといって、紫外線反射剤の場合なら安心かというと、ナノ化されている酸化チタンなどはラメラ構造を突き抜けて肌の奥でダメージを与えると言われています。

じゃあどうすればいいんだよ?となりそうですが、やはりここでもセラミド維持によるラメラ構造維持がモノを言うわけです。

ラメラ構造を綺麗に維持できているということは、それだけ肌が異物、刺激に強いということなんです。スッカスカのラメラ構造だと隙間だらけで異物も刺激も通し放題。

でもラメラ構造が完璧だと、紫外線に強いだけでなく、紫外線吸収剤の化学変化による刺激、紫外線反射剤の侵入も予防できるというわけ。

だからラメラ構造を維持することにより、日焼け止めの効果をより発揮、肌に享受できるという大きなメリットがあるんです。

こういった差が、実年齢からは想像もできないシワのない、シミのない、もっちりふっくらした美肌に繋がるんです。

素肌の光老化対策に使えるスキンケア化粧品

普段のスキンケアに取り入れることで、光老化の影響を予防しつつ、紫外線に対して立ち向かえる綺麗なラメラ構造を目指せる内容のものです。

どれもヒト型ナノセラミドをベースにした浸透性の良いもので、無理にパックや摺りこんだりが不要。物理的刺激にも弱いラメラ構造を守りながら、もっちり、ふっくらした実感を味わえるはずです。

第1位 フジフィルム アスタリフト

ヒト型ナノセラミド ラメラ成分配合 活性酸素考慮 うっかり日焼け後最適

フジフィルムは成分の浸透技術で抜けた存在。やはりフィルムで世界を制しただけはあります。

そんな技術を化粧品に応用。選んだのはやはりセラミドでした。基本となるセラミドに加えて、ラメラ構造の決め手となるアシルセラミドもバッチリ配合。これにアスタキチンサンとリコピンという、紫外線の毒に負けない植物の赤色パワーを配合。紫外線でやられたラメラ構造をセラミドでケアしつつ、活性酸素で溢れる肌を赤色パワーが駆けつけます。

ジェリータイプで化粧水前に使うタイプですが、これ一つでもセラミドの保水力により、クリームのフタが不要です。オイル分が不足しているなら手持ちのクリームやホホバオイル、スクワランなどを1滴加えれば、それだけで素肌の対光老化エナジーを高めることができます。

第2位 ディセンシア サエル

ヒト型ナノセラミド 対光老化成分配合 敏感肌対応 あっさり

敏感肌専門ブランドの美白ラインです。美白成分が入っているけど肌が弱くてもO.K.ということで、今まで美白できなかった人がこぞって使い始めています。

特徴としてはやはりセラミド。セラミドでラメラ構造をケアしつつ、美白有効成分をしっかり浸透させて余計なメラニン色素にサヨナラ!化粧水にはラメラ構造を強化するアシルセラミド産生に関わる白様雪が入っています。

デイミルクはUVAをしっかりカットしつつ、セラミド入りなので乾燥知らず。光老化を防ぎながらラメラ構造ケアもできて、化粧下地にもなるスグレモノです。

第3位 小林製薬 ヒフミド

ヒト型ナノセラミド 対光老化成分配合 敏感肌対応 超あっさり

いろいろなお薬でお馴染みの小林製薬。この小林製薬もかなりセラミドにこだわっており、余計なものが入っていないので化粧品慣れしていない人はもちろん、あれこれつけたくない人、お年寄りにもハマる使い心地です。

他社よりセラミドの種類が多く配合されており、それでいてサラッと仕上がるので朝や夏場でも快適。でも冬場もしっかりとセラミドによる保湿が実感できます。

特に光老化にピッタリなのが、セラミド入りのUVプロテクトミルク。こちらはラメラ構造を破壊する酵素に対するプリンセスケアという成分に、コラーゲンの成長をサポートするカンゾウバエキスを配合。光老化を元から退治に向かってくれるだけでなく、化粧下地にも使えて2度美味しいアイテムです。

陶器肌メイクで光老化も強力予防できるBBクリーム(ファンデーション)

ラメラ構造を守るセラミド配合や、ただ紫外線をカットするだけではない、光老化に対応したBBクリーム(ファンデーション)を紹介します。

光老化の影響を減らすには絶え間ない紫外線カットが重要。これらのBBクリーム等なら、日焼け止めの悪影響を受けずに、ラメラ構造を守りながら光老化対策ができます。

第1位 maNara リキッドBBバー

ヒト型ナノセラミド 対光老化成分配合 毛穴レス 美白同様成分 1本で3ヶ月以上使用可能

ヒト型セラミド配合だから、カバー力が強いのに乾燥しないし崩れにくいとても使いやすいBBクリームです。バータイプですが非常に柔らかく、あっという間に均一に伸びるので、朝忙しい人、急なお出かけののときもこれ1本でO.K.です。

セラミド以外にビタミンC誘導体を4種類配合。紫外線による光老化の刺激に対抗。もちろん紫外線カットSPF35+++で安心。

毛穴レス肌効果もあり、光老化を予防しつつ綺麗な肌に30秒で仕上げることができます。

第2位 ファイテン アクアゴールド

対光老化成分配合 エイジングケア コラーゲンサポート

純金を水溶化したことで、他のどんなBBクリームよりもナチュラルで自然な肌色を実現することに成功したBBクリームです。

さらに光老化となる近赤外線もカットする強力な紫外線対策機能。それだけでなく、光反応性パウダーとゴールドシリカが肌の成長に必要な光エネルギーは通すという画期的な仕組み。光老化の原因となる有害な紫外線はカットしつつ、コラーゲン生成の元となる光エネルギーは利用してしまう今までにないBBクリームです。

第3位 ディセンシア アヤナスBBクリーム

ヒト型ナノセラミド 敏感肌専門ブランド エイジングケア コラーゲンサポート 毛穴レス くすみケア

敏感肌専門ブランドのセラミドBBクリーム。配合成分は同社のエイジングケア基礎化粧品とほとんど同じ。なので、紫外線をカットしつつ、日中を美容液で満たし続けられるという贅沢な内容。

光老化で傷んだコラーゲンをケアする、コラーゲンサポート成分は刺激の不安がないオリジナル成分。ラメラ構造を整えつつしっかり肌をガード。目立つ毛穴も粉体パウダーでしっかりオフ。くすみに対抗する成分も入っており、エステ級のエイジングケアが可能なBBクリームです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る